【ペットショップ?ブリーダーさん?】ゴールデンレトリバーの価格相場と購入場所

雑記

こんにちは、モンジュです!

今回は「ゴールデンレトリバーの価格相場と購入場所」についての記事になります。

いくらぐらいで購入できるのか?ペットショップとブリーダーさんのどっちがよいのか?などの疑問に、実際にゴールデンレトリバーを飼っている経験からお話したいと思います。

それではいきましょう!

 



ゴールデンレトリバーの価格相場

ゴールデンレトリバーの価格相場を調べてみると10~50万円以上とかなり幅があることが分かります。

なぜこのような幅が生まれるのかを簡単に説明すると次の要因がかかわってきます。

アメリカンかイングリッシュか

簡単に”ゴールデンレトリバー”と言えども、実は”アメリカンタイプ”と”イングリッシュタイプ”の2つのタイプが存在することを知っているでしょうか?

アメリカンタイプは下の写真のようないわゆるゴールデンレトリバーな見た目をしたタイプになります。

色は茶色が強めです。

イングリッシュタイプはアメリカンよりも色が白からクリーム色で、毛並みも若干ウェーブしています。

ここで値段的な話をするならば、希少性からアメリカンよりもイングリッシュの方が値段が高くなります。

よい血統か否か

ゴールデンレトリバーのように歴史があって人気の犬種には見た目の美しさを競うような”コンテスト”があります。

そのようなコンテストで賞を取った両親から生まれてくる子には高い金額が付けられる傾向にあります。

オスかメスか

数万円程度の差ではありますが、性別の差も金額の差につながります。

具体的にはオスよりもメスの方が高くなります。


以上のようにゴールデンレトリバーの価格を決める要因についてお話してきましたが、特別な血統ではない普通のアメリカンゴールデンレトリバーを購入するときの金額の目安となるのは

  • ペットショップなら10万円~
  • ブリーダーさんなら20万円~

だと思います。

ゴールデンレトリバーを購入する方法

ゴールデンレトリバーを購入する方法には①ペットショップと②ブリーダーがあります。

これら2つに対して簡単に説明していきます。

ペットショップ

チェーン店から個人経営までさまざまなお店があります。

ワンちゃんのみを扱うのではなく、熱帯魚から爬虫類まで様々な生き物を扱います。

ブリーダー

特定の動物を繁殖させて、それを売っている。

基本、個人で経営されている。

 



ゴールデンレトリバーはブリーダーから購入すべき理由

①選択肢が多い

ペットショップでは様々な犬種が展示されているが、基本的に1犬種1匹しか展示されていません。

しかし、ブリーダーさんでは扱う犬種は1種類のみでも、複数の同種のワンちゃんから選ぶことができます。

飼う犬種が決まっているのであるならば、ブリーダーさんのところへ見学に行ってみて、同じ犬種の中で比べて、自分や家族と合いそうな子を選ぶのがよいと思います。

ペットショップはどの犬種にするかを選ぶのに使うのがよいのではないでしょうか。

②購入後のサポートが厚い

ブリーダーさんは言わば、その犬種を飼育することに関してのプロです。その犬種に特化しているのです。

ペットショップの店員さんも動物の管理に関してはプロですが、犬種を1つ決めて比べると、さすがにブリーダーさんには勝てません。

なのでブリーダーさんからは、購入前に抱く疑問や購入後に発生した問題に関して的確なアドバイスをもらうことができます。

ゴールデンレトリバーのような大型犬を始めて飼う人にとっては、様々なことを相談できる環境は心強いと思います。

③その子の家族も確認できる

ペットショップのワンちゃんはその子の両親や兄弟姉妹を確認することはできません。

しかし、ブリーダーさんのところではに見学しに行けば確認することができます。

これの何がよいかというと、遺伝してしまう病気(例えば進行性網膜萎縮症など)を持っていないかをしっかり確認することができます。

他にも、将来的にどんな大きさ・体格・性格になるのかをだいたい予想できるといったメリットも存在します。

④数が少ないタイプも扱っている

価格相場の時にも出てきましたが、コンテストで賞をとるような両親から生まれた子供やイングリッシュタイプなどはブリーダーさんから購入するのが基本です。

ペットショップでは扱えないようなタイプの子も扱っているのがブリーダーさんの強みでしょう。

まとめ

今回は「ゴールデンレトリバーの価格相場と購入場所」についての記事でした。

少し値が張るとはいえ、自分はブリーダーさんから購入する方がよいのではないかと思っています。

ペットショップにしろブリーダーさんにしろ命を預かるということなので、金額云々よりもかわいがってあげられる環境をまずは整えましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました