【医学部受験】共通テストから2次試験までにやるべきたった1つのこと

医学部

こんにちは、モンジュです!

大学受験では共通テストが終わってから2次試験まで1か月強の時間がありますよね。

この1か月をどう使うか迷ってる人って多いんじゃないでしょうか?

なので、自分が国立大学医学部に現役で合格出来た経験をベースに、この1か月は何を最優先にすべきなのかを伝えたいと思います。

もちろん、医学部受験以外の人にも参考になると思います!

この記事は

  • 「共通テストから2次試験まで何をしたらいいのか分からない…」
  • 「2次試験まで何となく勉強してるけど、これでいいのかな?」

など感じている人に読んでもらえたらいいと思います。

それでは、いきましょう!




共通テストから2次試験までの1ケ月は何をすべき時間なのか?

まずは、共通テストお疲れ様でした!

上手くいった人はその調子で👍
逆に、思い通りにいかなかった人は切り替えて最後の1か月頑張りましょう!

ここで、この1か月は何を基本スタンスとして過ごすべきなのかを伝えようと思います。

自分が思うこの1か月のスタンスは…

「足を引っ張る科目に全力で取り組む!!!」

だと思います。

「こんなこと、受験勉強を始めたときから言われてるわ!」

と思うかもしれません。

でも、苦手科目に取り組むのはこの1か月が最も重要なのではないかと感じます。

そう考える理由は3つあるので、順に紹介していきます。

理由① 「1か月は長いようで短い」

1つ目は「1か月は長いようで短い」です。

受験勉強、特に成績をよくしようと考える局面に入った受験勉強では1か月と言うのはかなり短い期間だと思います。

1か月で成績をどうこうしようってのはなかなか難しいです。

このことは受験勉強をしたことのある人ならわかると思います。

また、医学部受験のような上位層の競争でいえばなおさらです。

逆に言えば、この1か月をうまく利用できれば一気に合格が近ずくと言うことだと思うのです。

なのでこの1か月は戦略的に勉強計画を進めることが非常に重要であることが分かると思います。

特にまだ完成しきっていない現役生に関していえば、合否を分ける1か月と言っても過言ではないと思います。

理由② 「まんべんなく勉強しても、劇的に成績は伸びない」

そして理由2つ目は「まんべんなく勉強しても、劇的には伸びない」と言うことです。

1つ目の理由で書いたように、受験勉強と言う視点で見たときには1か月は短いんです。

そんな状況で各科目をまんべんなく勉強していっても、1か月後の試験本番での得点ってそんなに変わんないのでは?と思います。

もちろん、少しずつ各科目の知識量は増えているとは思います。

しかし、まんべんなくちょっとずつ伸びたところで、その部分が試験本番に出なければ意味ないです。

そもそも、その伸びた部分もちょっとずつなら本番にちょうどその部分が出る可能性はかなり少ないと思います…

理由③ 「苦手とする科目が最も伸びやすい」

そして、3つ目の理由が「苦手とする科目が最も伸びやすい」からです。

広く浅く勉強しても試験本番にその効果が期待できないなら、科目を絞って時間と力を集中させる必要があると思います。

そう考えるとどの科目に集中すべきかは明らかだと思います。

そうです、「苦手科目」です。

なぜなら短期間で成績を伸ばすと考えたときに、苦手科目が最も伸びしろがあるからです。

すでにある程度得点できている科目で点数を伸ばすのはかなり時間と労力を要しますが、伸びきってない教科なら1か月で何とか対応できるのではないでしょうか。

今の自分の成績をみて、最も足を引っ張っている科目が下から2番目の科目ぐらいにでも得点できればかなり成績は上向くのではないかと思います。

それを目指すのです。

自分の例

いかに「苦手科目に力を入れるか」が重要か分かったと思います。

ここで自分の例を紹介しようと思います。

自分の場合、成績を下げていたのは「数学」でした。

なのでこの1か月は数学が本番で足を引っ張らないように本気で苦手な数学と向き合いました。

具体的に言うと、徹底的な苦手範囲の洗い出しと青チャートを用いた基礎練習の繰り返しを行いました。

すると本番の結果は次のようでした。

数学理科英語
得点151/200162/200166/200
2次試験本番の各科目の点数

どうですか?得点率でいえば確かに数学は一番低いままですが、足を引っ張ってるとまでは言えないのではないでしょうか。

集中して成績を伸ばしに行った作戦がうまくいった例だと思います。

まとめ

今回、最後の1か月の基本スタンスは「苦手科目に注力する」であることとその理由を自分なりに伝えました。

苦手な科目と向き合うことは頭にかかる負荷的にも、精神的にもキツイ作業になります。

しかし、そこを1か月かけて頑張れれば状況は絶対に変わると思います。
合格もグッと近づくと思います。

この記事が、最後まで読んでくれた人の合格に少しでも貢献できればと願います。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました