若い人こそ家計簿が必要!人生を豊かにする家計簿の付け方!

マネーリテラシー

こんにちは、モンジュです!

皆さんは「自分とお金」をしっかり理解できてますか?

今月は何にどれだけ使ったか正確に把握できていますか?

若い世代こそ家計簿をつけるべき理由を紹介したいと思います。

こんな人に読んでほしい!
  • 家計簿に興味がある人
  • まだ家計簿をつけていない人
  • 家計簿を続けるモチベーションが湧かない人

 



なぜ家計簿をつける?

家計簿をつける目的は何があるのでしょうか。

家計簿をつけると毎月の収入と支出がしっかり管理できます。

パッと見ただけで、毎月のお金の使い方のどこに問題があるのかが分かるから便利です。

なので「家計を見直したい!」と思う人が家計簿をつけているケースが多いのではないでしょうか。

それはそれでよいのですが、もう少し踏み込んだ使い方もできると思います。

家計簿の本当の意味

自分は、家計簿をつけている人とそうでない人では決定的に異なるポイントがあると思います。

それは…

「自分が満足いく生活に必要な具体的な金額を知っていいるかどうか」

だと思います。

例えば、家計簿をつけている人だと

「自分は10万円/月あれば十分な生活を送れるが、8万円/月を下回ってくるとひもじい気持ちで生活しなくてはいけない」

とはっきりわかるのです。

家計簿をつけていないとここまで正確には分かりません。

若い世代こそ家計簿をつけるべき!

自分が満足できる金銭的な最低限のラインを知っていることは若い人にこそ重要だと思います。

なぜなら、人生の選択肢の幅が一気に広がるからです。

「就職」を例にとって考えてみましょう。

自分は毎月いくらあれば満足できるのかを知らないと、金銭的な不安からより高い給料が出る会社に魅力を感じてしまうと思います。

その時にはその会社の理念や業務内容まで考慮できなくなっていると思います。

しかし、満足できる最低ラインを把握できているとそのライン以上の給料である会社全てが選択肢となるのです。

その中で本当に自分がしたいことを実現してくれそうな会社を選ぶことができるのです。

つまり、お金に惑わされずに人生の選択を行えるようになるのです。

このように、「人生の選択」をする機会の多い若い世代の人が金銭的に満足できる最低ラインを理解しておくことは非常に重要だといえます。

具体的にどう実践するか

自分はExcelで家計簿を管理する方法をおすすめします。

理由は自分で新しく項目を追加したり、消したりできて自由度が高いからです。

もしかすると電子決済やカード払いが多い人はアプリで管理した方が便利かもしれません。

とにかく、手段は自分が続けやすい方法でよいと思います。

重要なのは

「自分が満足できる金銭的な最低限のライン」

を知るためなのですから。

なので、家計簿をつける時に注意したいのは

固定費や食費などの生きていくうえで絶対に必要になる金額と、外食や娯楽や趣味などの生活の満足度を高めてくれる項目を分けて記録することです。

このデータを何か月も積み上げることで

「自分は生きるのにいくら必要で、それにこれだけ足せば満足感の高い生活が送れる」

と具体的に分かるようになるのです!

まとめ

今回の記事をまとめると

  • 家計簿は家計のムダをはっきりさせてくれる
  • 家計簿をつけると「自分が満足できる金銭的な最低限のライン」が見えてくる
  • 最低ラインを知っていることは人生の選択をするときに大いに役立つ
  • 今日から続けやすい方法で家計簿を付ける
  • 生きるのに必要なお金と満足感を高めるお金を分けて記録する

です。

若い世代が家計簿をつけることは満足感のある人生を送るのに大いに助けとなると思います。

少しでも参考になれば幸いです。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました