【投資信託とは?】投資信託について詳しく解説します!これさえ読めば大丈夫!

マネーリテラシー

こんにちは、モンジュです!

今回は投資信託とは何なのかということを説明したいと思います。

働きながら資産形成を考える人には必須の商品ですので、しっかり学んでいきましょう!

投資なんて全くの初心者という人にもわかりやすくまとめてあるので、読んでもらえると嬉しいです!

この記事を読んでほしいのはこんな人!
  • 「投資信託って何?」と思っている人
  • 「投資信託について詳しく知りたい!」と思ってる人
モンジュ
モンジュ

この記事で投資信託の基本的な事項をしっかり説明します!

 



投資信託とは何なのか?

投資信託(ファンド)とは簡単に言えば

「投資家から集めたお金を資金として、プロが運用してくれる商品」

のことです。

投資家から投資されたお金を運用のプロが各ファンドのスタンスに沿って株式や債券に投資して運用します。

そこで利益が出れば投資家に還元されますし、逆に損失が生じてしまうことがあります。

投資家から見れば投資したお金をプロに運用してもらえるような、ありがたい金融商品なのです。

この時、投資信託に元本保証はないことは注意してください。

投資信託の仕組み

投資信託は証券会社や銀行だけで完結していると思っている人もいるのではないでしょうか?

じつは、投資信託が我々に提供されるまでには3つの組織が関係してきます。

販売会社

これはいわゆる証券会社や銀行などです。

この機関が販売窓口となることで、投資家は投資信託を購入できます。

運用会社(信託会社)

販売会社の裏側には運用会社(信託会社)があります。

この機関はいわゆる「司令塔」の役割を果たします。

どの株式と債券を売買するのかを決定していきます。

信託銀行(受託銀行)

そして、3つ目が投信に関わるお金を管理する信託銀行(受託銀行)です。

投資家が投資したお金や運用でえた利益などを一挙に管理します。

いわゆる「お金のプール」です。


以上をまとめると次のようになります。

なぜ信託銀行と運用会社は分かれているか?

投資信託の仕組みを見て、運用を担う信託会社と実際に売買を行う信託銀行を分ける必要があるのか疑問に思った人もいると思います。

その理由は「不正防止」です。

お金の運用とお金の管理を同じ機関が担当してしまうと、不正を行いやすくなってしまいます。

なので不正が起こりにくくするためにも、運用と売買の管轄を分けているのです。

投資信託に関わる数字

投資信託は次のような指標で表されます。

純資産総額

この「純資産総額」はファンドの規模を表します。

「ファンドに組み込まれた株式や債券の評価額」+「配当収入」-「信託報酬などの手数料」

で求められます。

基準価額

「基準価額」とはその投資信託の購入値段です。

「純資産総額」÷「受益権総口数」(×10000)

で求められます。

例えば純資産総額が50億円のファンドの受益権総口数が25億口だとすると、一口当たりの値段は2円となります。

しかし、基本的には1万口あたりで表示するので基準価額は20000円となることがほとんどです。

運用スタイル

投資信託によって投資家から預かったお金をどのようなスタンスで運用するのかが異なります。

その運用スタイルは次の2つに大別されます。

アクティブ型

アクティブ型の投資信託では株式や債券の売買を積極的(アクティブ)に行うことで、相場以上の利益を得ることを目標とします。

そのアクティブ型の中にも今後成長が期待できるような会社に積極的に投資するものや、株価が割安となっている会社に注目して取引を行うものなど様々です。

他にも流動性の高い大型株を専門にするのか、流動性は劣るが成長の伸びしろがある中・小型株を専門にするのかといったようにも分類できます。

*流動性とは…すぐに現金化できるかどうかを示す。大型株なら買い手がすぐに見つかるの
       で流動性は高いといえる。

アクティブ型では株式や債券の取引回数が多くなってしまうので、手数料は高めに設定されています。

パッシブ(インデックス)型

パッシブ(インデックス)型の投資信託ではある指標(インデックス)にファンドの成績が沿うようにするタイプの投資信託です。

指標とは例えばTOPIXなどです。

*TOPIXとは…「Tokyo Stock Price Index」の略。1968年1月4日を100とした時の、東証一部
       の時価総額を示す指標

これらの指標を構成する会社の株式の割合と同じになるように、ファンドも株式を購入していくのです。

つまりTOPIXを指標とした場合、日本の経済規模が大きくなればそれに伴ってファンドも伸びていくということになります。

この指標は先進国のIT関連企業のみの時価総額を指標としたものや、アメリカのトップ企業のみを指標にしたものなど様々なものが存在します。

パッシブ型では何を指標とするのかによってそのファンドの運用スタイルが決まってしまうので、何を指標とするかが大切です。

また一度指標を決めてしまえばそれに従って株式や債券を買うのみなので、手数料は安く設定されています。

投資信託の利益と費用

投資信託の利益

投資信託を購入した投資家が得られる利益には次の2つがあります。

売却益

まずは「売却益」です。俗にいう、キャピタルゲインですね。

自分が投資信託を購入した時の基準価額よりも、売却時の基準価額の方が高ければ売却益を得ることができます。

株と同じイメージです。

分配金

次は「分配金」です。俗にいう、インカムゲインですね。

ファンドが出した利益から投資家に分配されるお金のことです。

分配金はファンドごとに決められた決算日にしはらわれます。

しかしファンドの利益分以外から分配金が支払われることもあるので、そこには注意が必要です。

投資信託の費用

基本的には次の3つとその他で構成されます。

販売手数料

投資信託購入時には販売手数料がかかります。

「ロード」とも呼ばれます。

最近は、販売手数料がかからない「ノーロード・ファンド」も多く出てきています。

運用管理費

運用管理費とは運用にかかる費用です。

長期手的な資産運用を考えるなら、最も影響が大きな費用です。

信託財産留保料

「信託財産留保料」とはファンドからお金を引き上げるときにかかる費用です。

この費用があることで、ファンドから撤退することへの抑止力となりファンドが長続きしやすくなります。

その他

「監査費用」、「保管費用」や「売買委託手数料」などもあります。

これらは運用報告書で確認することができます。

購入の方法

投資信託の購入方法には次の2つがあります。

スポット買い

自分でタイミングを見計らって購入する方法。

安い時に購入できればお得だが、時間や手間がかかるのが難点。

積み立て

毎月決まった金額だけ購入する方法。

一度設定すれば手間がかからないことが利点。忙しい人にはオススメ。

ただし基準価額が下がり続けている状況であれば、損失が拡大し続けるので注意が必要。

まとめ

今回は投資信託の概要を説明しました。

投資信託を理解して、資産形成にうまく活用してもらえればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございましした。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました